大手消費者金融

かつての銀行は個人向けローンには乗り気ではなかった

かつての大手消費者金融とは、資本力が高く上場もしていた「アコム」「プロミス」「レイク」「アイフル」といった業者を指していましたが、現在の大手と認識されているのは、「アコム」「プロミス」「レイク」「アイフル」「モビット」といった業者になります。以前と変わらないようにも見えますが、現在の大手は何れもメガバンクの資本下に置かれているのが以前との違いです。

90年代以前の銀行は個人向けローンには乗り気ではなく、あくまでも企業や会社相手の融資に固執していましたが、バブル崩壊時に発生した多大な不良債権の影響で倒産する銀行もあれば、倒産しなくても莫大な損失を出した銀行が殆んどだったのです。そんな銀行業界を後目に、当時の消費者金融はといえばアコムが始めた無人契約機の影響もあって過去最大の営業利益をあげていたのです。

元来、銀行がやるべき役目であった個人向け融資を消費者金融がやる形で莫大な利益をあげていたわけですから、銀行は黙ってみているわけにはいかなかったようです。そこでそれ以降、個人向け融資に向けて銀行等の金融機関が堰を切ったように参入していったわけです。

BANK

銀行と大手消費者金融の合併

特に目についたのは、大手の銀行が相次いでアコムやプロミスといった当時の大手消費者金融と資本提携し、合併会社を設立して消費者金融業界に参入していったことです。これに続く形で地方銀行や信用金庫なども個人向けローンと称してカードローンを展開していくこととなります。

どの金融機関も調達金利の安さを武器にして、既存の消費者金融業界よりもはるかに低い金利で貸し出すことになります。、利用者にとってみればありがたい存在といえるかもしれませんが、比較的競合相手がなく莫大な利益をあげていた既存の消費者金融は大きな打撃を受けることとなります。

銀行の資本を受け入れた大手消費者金融側にとっても、銀行の看板を借りて営業できるメリットがあるほか、銀行のATMが利用できるといった利便性や貸し出し資金の調達にも苦心しなくて済むようになりました。